営業カレンダー


  • 2018年12月
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31

    2019年1月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    ショップ休業日
    営業時間変更日
    ☆最終更新日12月7日

BRAND


  • Acsod180
    Zsx180
    Breakerout180
    Axxe_c180
    Surfgrip180
    Syndicate180
    Destination180
    3dfins180
    Shapers180
    Fuwax
    Skullcandy180
    Cassette180
    Intro180
    Freewaters
    Souls180
    Kingii180
    Peanuts180
    Pmp180
    Brisa180
    Zen180
    Willow

« サーフボードのレンタル | トップページ | 初心者だからこそカスタムオーダー »

これからサーフィンを始める方へ

サーフィンに興味を持ってしまったあなた・・・
魅惑の世界へようこそ。

サーフィンは自然と戯れる素敵なアクティビティです。
人によってその目的は様々。

コンペティティブなものであったり、リラクゼーションであったり。
アグレッシブであったり、メローであったり。
挑むものであったり、楽しむものであったり。
気持ちのいいものであったり、時に苦しいものであったり。

自然と共生し自己責任で楽しむサーフィンには、他のスポーツとは比較できない奥深さがあります。
それだけにスタートはとても肝心です。

ZENITH GARAGE(以下 Z-GR)では過去の経験からこれからサーフィンを始める方へのアドバイスを少しだけまとめてみました。
サーファーやショップによって色んな意見があると思うので、ひとつの参考にしてください。

◎きちんとサーフィンを始めようと思ったら、まずはサーフショップへ

友達と一緒に中古ボードを買って波乗りしてみる・・・
それも楽しいし悪くはありません。私も最初はそうでした。
でも身体に合わないボード、浮力のないボードで初心者同士で見よう見まねのサーフィンをしても上達はそうそうできるものではありません。きっと立つこともできずに、2〜3回も行ったら難しい・・・ってやめてしまうかもしれません。

それよりもまずはサーフィンの経験と知識を持った人と一緒に、初心者に合った道具で指導してもらえば、波に乗るのに必要な基礎を教わることができ、寝そべったまま波を滑り、きっとボードに立つことだってできると思います。
これこそが最初のサーフィンの達成感。

浮かないボードでバタバタと波と格闘するより、初回で楽しく達成感を味わえれば、次への活力になるのは間違いありません。

また経験者の話の中には、サーフィンの基本となるルールやマナーも入っています。
これをきちんと学んでおかないと、海の中でトラブルが起きるのは必至です。

日焼けのお供にサーフボード・・・的な方には必要ありませんが、サーフィンをきちんと楽しんでみたい方には、サーフショップのスクールをおススメいたします。

◎2回目以降はどうしたらいいか・・・

初回のスクールで基礎を学んだら、後は反復練習で波といかに調和をしていくか身体で覚えていくことになります。
なので、初回のスクールからあまり時間が空いていなければスクールではなく個人練習でいいと思います。
個人でボードをレンタルして海に行き反復練習をするのもいいですし、私と一緒に海に行ける日であれば、レンタルボード代だけで、海に入る前や一緒に波乗りをしながらアドバイスをさせていただきます。

もちろん不安のある方には再度スクールとしてお申し込みいただき、時間内つきっきりでアドバイスやサポートをさせていただきます。

これからサーフボードやウエットスーツを買うのに何かとお金もかかりますので、ずっとスクールを受け続けるより、少しずつ独り立ちしていける努力も必要です。
ショップの仲間と一緒に海に通いながらステップアップしていきましょう。

◎ウエットスーツ選び

サーフィンを始める時期にもよりますが、ボードより先にウエットスーツが必要になると思います。
特に千葉は水着だけでサーフィンできる時期は限られていますから。
ウエットスーツには既製品(サイズ)とカスタムオーダーがあります。
比較的標準体型の方は春から秋のウエットスーツは既製サイズでもいいでしょう。
ただ冬用のフルスーツやセミドライ、真冬用のドライスーツなどはカスタムオーダーをオススメします。
また海外からの輸入品はサイズが合わない場合が多く、インターネットの専売品などにも品質が劣るものが出回っています。安いだけで購入することはやめた方がいいです。
Z-GRでは生地から開発をする日本の老舗ブランド「BREAKER OUT」をメインとした高品質のウエットスーツを、価格に合わせて取り揃えていますので、ぜひご相談ください。

◎サーフボード選び

まず自分の目指すスタイルとして、ショートボード系かロングボード系かを選ばなくてはなりません。
ロングボードから始めてファンボード、ショートボードにステップアップする・・・なんて話を聞きますが、これは大きな間違いで、スクールでロングを使うことがあっても、ショートボードをやりたいのに最初はロングを買った方が・・・なんて言うショップがあったら信用しない方がいいです。

目指すスタイルが決まったらどんなボードをチョイスするか・・・これが難しいんです。
最初のボードは本当に肝心です。
ここで間違ったものを選ぶと上達の妨げになるだけでなくサーフィンがつまらないものになってしまう場合もあるので、予算や方向性を考えてショップに相談することをオススメします。
くれぐれも誤った知識と価格に釣られて、ネットや中古専売店でミスフィットなボードをチョイスしないように注意してください。

Z-GRでは、ショートボードの場合は上達までのステップと予算を考えて提案します。
予算に余裕があって立つことを優先するなら、ショート系のファンボードで安定したテイクオフができるようになってからショートボードへステップアップ。
最初からショートに乗りたい方には、身長・体重に合わせた最適なボードをカスタムオーダーで6万円台で提供しています。
これはカラーも入れられるので、まさにあなたのためだけに作られた愛着のある一本になること間違い無しです。
他にも初心者用にシェイプされたショートボードが5万円台から用意してバックアップしています。

ロングボードの場合、どんなボードが必要なのかをディスカッションし、いくつものレパートリーの中からチョイスして提案しています。
初心者には4万円台のソフトボード系ロングから10万円以下のシェイプボードがおすすめ。
もちろんフルカスタムでもピッタリのボードをお届けします。

◎サーフショップのいいところ

今の時代、モノも情報もインターネットでなんでも手に入ります。
私自身も買い物もすれば、ネットショップでサーフボードを販売していますしね。

でもサーフショップにはネットでは手に入らない「コミュニケーション」があります。
モノを買っていただく時にはその説明もできますし、リペアなどのアフターケアもバッチリ。
ウエットスーツはどんな色にしようか、ボードはどんなタイプがいいのか、一緒になって話をしている時間は楽しいものです。
一緒に波乗りに行ったり、いつも行くポイントで顔を合わせて波をシェアしたり、ビールを飲んで馬鹿話で盛り上がったり。

親身に話を聞いてくれるサーフショップを是非探してみてください。
自宅や学校・会社の近所でも、海の近くでも。
そこでなんとなくフィーリングがあったら、一緒に海に行ってみてください。
一度スクールを受けて楽しく感じたら、そこからきっと楽しい波乗り生活が始まります。

それがウチの店だったらいいなぁ〜と。

ZENITH GARAGE 店主

« サーフボードのレンタル | トップページ | 初心者だからこそカスタムオーダー »

84.サーフィン体験スクール」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー